寄せ植えに挑戦

 寄せ植えって、楽しいですよね。

 普段使っているのは、片側が平たい半円形を手すりの内側に
 ぶら下げてます。

 足元には、ちょっと大きめのプランターを並べて
 比較的背の高い種類を植えてます。

 寄せ植えのポイントは、同じ環境を好む植物同士を揃えること
 乾燥に強いもの同士とか、日陰に強いもの同士とか、ですね。

 さらに、高低をつけること。
 部屋から見て、奥の方(外側)に背の高い植物、手前に低い花

 出来れば、色合いなども考慮に入れて選んでください。
 同色系で揃えるのも無難ですが、私は割りと反対色を持ってきます。
 これが、意外な発見だったりします。 ^^

 手前に色とりどりのポーチュラカを植えるのなら、奥には
 すっきりとしたブルーサルビアを配置してみるとか。

 今年の私のベランダはというと、赤い小さい葉っぱのコリウスを
 奥に植えて、手前に丈夫なことではピカイチのアイビーを下に
 垂らしてみました。

 部屋の中から椅子に座って眺めると、目線より低い位置にある
 ので、赤とグリーンのコントラストがクリスマスを連想させて
 くれます・・・   --)

     korius1.jpg
    
ちょっと失敗だったかな・・・ (涙)


| コメント(0) | トラバ(0) | 春のベランダ

夏に向く花は?

ベランダで夏に向く花には、数多くありますが

  1. 手間がかからない
  2. 日当たりが良くなくても咲く
  3. 乾燥に強い

こういった条件にあてはまるものは?

  ペチュニア  1.2.3 に当てはまる
  松葉菊    1.3  ならOK
  ポーチュラカ 1.3  乾燥に強い!
  コリウス   1.2  水は欲しがる

種類が多すぎて、一度に上げられませんが、基本的に苗を購入します。
種蒔きからする場所がないからです。 ^^
| コメント(0) | トラバ(0) | 春のベランダ

春といっても夏の準備

 春のベランダといっても実質夏の準備ですね。

ゴールデンウィークも終わると、秋から春まで咲き続けてくれた
パンジーやビオラなども、かなり徒長してますよね。

徒長を防ぐためには、適時切り戻しが大切ですし、咲き終わった
花殻も摘み取って種にならないように、又そこから腐らないように
してあげなきゃいけませんね。

この切り戻しが出来ない人、多いですよね?
もったいない、せっかく咲いてるのに・・・ と

でも、長く咲かせるためにも切り戻しは大事です。
長く咲くには、肥料も必要です。

っで、思い切って処分しましょう!
これからの季節、夏に向けての花に切り替えましょう!


| コメント(0) | トラバ(0) | 春のベランダ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。