ポトスは万人向け

 我が家には、20年以上育ち続けているポトスがいます。

 その名も「ライムポトス」です。
 黄緑色が優しげで、水苔に植えて、年中屋内の日陰育ちです。

 まったく手がかかりません。
 これまで、どれだけお嫁に行ったことか・・・ (笑)
 
 つるを壁にはわせてみたり、天井から鉢をぶら下げて眺めたり
 水さえたまにやっておけば、ご機嫌にしてくれています。

 マンションですから、冬の最低温度も10度を下まわることは
 ありませんし、観葉植物にはいい環境なんでしょうね。

 伸び過ぎたつるを切って、水につけておくだけで根が出ます。
 夏場なら、すぐ水苔に植えても大丈夫です。

 ポトスでも、斑入りのものは日光を必要としているようですが
 ライムポトスは、まったくの室内でも元気です。

 観葉植物を買っても、すぐ枯らしてしまうという方は
 ライムポトス、いかがですか?

raimupotos1.jpg


| コメント(0) | トラバ(0) | 観葉植物

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。